キャッシングに関連する法律とは?|金利や限度額について解説します!

キャッシングに関連する法律とは?|金利や限度額について解説します!

キャッシングは法律によって限度額が決められている

キャッシングの貸付上限金額は、今は、法律によって明確に定められています。
すなわち、貸金業法という法律によって、年収の3分1を超える貸付ができないと定められています。

 

この規制は総量規制と呼ばれています。
よく誤解されていますが、年収の3分の1というのは、1社で借りている額を計算するのではありません。

 

一例として、年収240万円の人がいたとします。
この人の総量規制は3分の1の80万円です。

 

まずこの数字を頭に置いた上で、実際にキャッシングを利用する時の、融資可能な金額について具体的にイメージしてみましょう。

 

この人が、別のキャッシング会社から100万円を借りていれば、あとは50万円を借りれば上限です。
総量規制は貸金業法で定められた規制なので、貸金業法の適用を受けない銀行や信用金庫からの借金は影響しません。

 

キャッシング

 

法律での融資額を理解してからキャッシングしましょう

 

銀行では銀行法が、信用金庫では信用金庫法が適用されます。

 

クレジットカードの場合、ショッピング枠については割賦販売法が、キャッシング枠については貸金業法が適用されるようになっています。

 

つまり、クレジットカードのキャッシンク枠は、年収の1/3以下になるように事前に決められています。
法律でどこまでの融資が認められているのかを理解したほうが、キャッシングサービスは使いやすいでしょう。
銀行カードローン審査の実態が参考になりました。

 

 

 

キャッシング

キャッシングの法律改正による影響について

キャッシングの法律改正が行われたのは記憶に新しいところですが、実際にはどれくらいの影響があったのでしょうか。

キャッシング業界にとっては、法律が変わったことで、どちらかといえばプラスの影響のほうが大きかったと言われています。

 

融資可能な金額の上限は、年収の3分の1までという、総量規制も法改正によってできました。
返済できないほどのお金を借りてしまわないように、あらかじめ上限を明記します。

 

古くから借りている方は、年収を超える借入をしている方も普通にいましたが、現在は借りることはできません低金利の融資がふえたことは、法律が変わった影響の1つです。

 

利息制限法によって、上限金利は20.0%となりました。
出資法の29.2%という金利を基準にしていた人からすれば、利息制限法の20%というのは格段の差です。

 

キャッシング

 

現在は消費者金融でもほとんどが18.0%以下の金利

 

過去にキャッシングを使っていた人が、法律が改正された今の金利を確認したら、今と昔とでは10%近くも違うことに戸惑うのではないでしょうか。

 

返済総額をできるだけ低くしたいという人には、金利が低いことはとても魅力的なことです。
昔は高金利とされた消費者金融も、現在はほとんどが18.0%以下の金利となっているようです。

 

銀行から借りられるお金は、昔も今も似たようなもので、金利も15%ほどで留まっているところが多いようです。

 

キャッシング

キャッシングの法律に基づいた金利

キャッシングの金利は法律により上限が決められています。
20%が金利の最高値というのは利息制限法に規定されていたもので、それを越えると違法扱いでした。

 

そのため、現在のキャッシングの金利が29.2%とか、24.5%といった数字になることもまずありません。
非合法な業者の中には、最初から法律と関係なく独自の融資をするところがあります。

 

法律を無視して高い金利で貸し付けているならば、そのことをブログやネットで書いたりしません。
健全な運営をしているキャッシング会社は、利息制限法の範囲内で融資をしています。

 

キャッシング

 

キャッシングは低金利の利用がおすすめ

 

すべての消費者金融、銀行、信金などに言えることですが、18.0%よりも低い利率を設定しています。
返済時の利息についても、金利が低くなれば、利息も少なくなります。

 

キャッシングを賢く使いこなすには、できるだけ低金利の融資を利用することです。
利息が膨らめば、返済の負担がいつまでもたっても終わらなくなります。

 

完済までにかかる時間もとても長くなります。
何らかの事情があってキャッシングを利用することになっても、

落ち着いてまず金利の低い会社を探し出すことです。

 

キャッシング